イトヒキコハクハナダイ

Pseudanthias rubrolineatus

スズキ目 ハタ科 ナガハナダイ属

■特徴・形態 : 2010年8月に新称が提唱された種で、それ以前はダイバーからスジチガイと呼ばれていた。スジハナダイに似ているが、体側の赤い縦帯の配置や尾鰭の形状が異なる。

■記録・備考 : 大瀬崎では以前より、先端・湾内・柵下・一本松で幾度となく観察撮影されている。

1/1 Page (データ数:5件)

2006-06-13
湾内31m
2006-06-01
湾内31m
2013-02-25
柵下39m
2007-02-24
先端40m
2007-01-20
先端45m


[1]

(ID: 1855)