コンゴウテンジクダイ

Ostorhinchus fleurieu

スズキ目 テンジクダイ科 スジイシモチ属

■特徴・形態 : 尾柄部にある黒色横帯は中央が太い樽型になり、輪郭が不明瞭である。近似種のアオスジテンジクダイでは黒色横帯中央付近が細い砂時計型で輪郭が明瞭である。
■分布・環境 : インド・西太平洋。日本では鹿児島県~伊豆半島の太平洋沿岸。
■記録・備考 : 2015年8月に標準和名が提唱された。

1/1 Page (データ数:4件)

2012-08-30
湾内10m
2017-10-31
湾内15m
2017-10-31
湾内15m
2016-02-07
先端14m


[1]

(ID: 2212)