マンボウ

Mola sp.

フグ目 マンボウ科 マンボウ属

■特徴・形態 : 腹鰭および尾鰭はなく、尾鰭に見える部分は舵鰭と呼ばれ、背鰭と臀鰭が変形したもの。成魚は3mを越える。数億個の浮性卵を産むようだが、詳しい生態はわかっていない。
■大瀬崎での所見 : 大瀬崎では4~6月に最もよく観察され、次いで11~12月に観察例が多い。外海側の水深20m以深の転石帯で、ホバーリングしながらやや上を向き、シラコダイやアカササノハベラにクリーニングされている姿がよく観察される。
■記録・備考 : 日本産魚類検索全種の同定第三版(中坊,2013)において、学名が Mola mola から Mola sp. に変更された。

1/2 Page (データ数:28件)

1996-06-06
柵下40m
1999-05-25
門下23m
2001-11-13
一本松22m
2001-11-13
一本松22m
2001-11-13
一本松22m
2001-11-13
一本松22m
2001-11-13
一本松22m
2003-03-01
門下27m
2008-05-10
門下28m
2008-05-10
門下28m
2009-12-24
門下23m
2009-12-24
門下23m
2009-12-24
門下23m
2009-12-24
門下23m
2014-05-28
門下20m
2014-05-28
門下20m
2014-06-04
門下22-25m
2014-06-04
門下22-25m
2014-06-04
門下22-25m
2016-03-15
一本松20-28m

次のページ>
[1]・2

(ID: 6320)